本文へ移動

「エネルギー学」部会

「エネルギー学」部会へようこそ!

「エネルギー学」は、エネルギー問題を総合的視点で捉え、工学・理学などの自然科学から哲学、文化人類学、社会学、経済学等の人文・社会科学まで多種多様の分野を包括しうるような俯瞰する知としての新しい学問です。 
(日本エネルギー学会誌・創立80周年記念特集号より。)
「エネルギー学」部会は、「学融合」、「エネルギー教育」、「エネルギー政策」をテーマとする三つの分科会で構成され、 学融合に立脚したエネルギー・環境教育の普及と実践、持続可能なエネルギー・環境政策の提言に向けて、活動しています。
 

イベント情報&更新情報

  2018-09-19
日本学術会議学術フォーラム(エネルギー学部会共催)への多数のご参加ありがとうございました。
  2018-05-16
「エネルギー学」部会,省エネルギー・消費者行動部会合同見学会への多数のご参加有り難うございました。
  2018-04-20
メンバーリスト,部会運営委員リストを更新しました。

イベント情報:2018年度

第3回「エネルギー学」部会シンポジウム

「エネルギー学」部会シンポジウム
~AI/ICT/IoT関連技術のエネルギー分野への応用~
詳しくはこちら

「エネルギー学」部会 学融合分科会 見学会

地産地消型水素サプライチェーン実証事業と木質チップ雪氷乾燥システム見学 (終了しました)
~北海道にて、地産地消型エネルギーサプライチェーンに学び、エネルギーの方向性を考える ~
 
日  時:2018年9月21日(金)8:50 ~ 18:00
施設見学: 鹿追町環境保全センター,しかおい水素ファーム(〒081-0216 北海道河東郡鹿追町鹿追北4線5)
      南富良野町森林組合木質チップ雪氷乾燥システム(〒079-2400 北海道空知郡南富良野町字幾寅)
定  員:30 名
参加費(資料代,現地移動費):会員7,000円,非会員の「エネルギー学」部会員8,000円,
非会員9,000円,学生7,000円(資料代,現地移動費。昼食代は別途。)
 
参加申込み、詳細に関しては、本会HPをご覧ください。
 

日本学術会議学術フォーラム「エネルギー科学技術教育の現状と課題」

日本学術会議学術フォーラム「エネルギー科学技術教育の現状と課題」開催(終了しました)
日本学術会議主催(「エネルギー学部会」共催)のフォーラムが
9月8日(土)13:30~17:30
日本学術会議講堂(東京都港区六本木)で開催されます。
テーマは「エネルギー科学技術教育の現状と課題」で
エネルギー教育モデル校の取組も発表されます。
詳細はPDFをご覧ください。
参加費無料、先着順 定員300名となっています。

「エネルギー学」部会,省エネルギー・消費者行動部会 合同見学会

「エネルギー学」部会,省エネルギー・消費者行動部会 合同見学会  (終了しました)
  ~産総研・臨海センターで最新のバイオ・IT融合研究を学ぶ~
 日時:2018年5月15日(火)13:30 ~ 16:00
 会場:産業技術総合研究所 臨海副都心センター http://www.aist.go.jp/waterfront/ja/access/
 プログラム、参加申込:本会HPをご覧下さい
 
 
TOPへ戻る