本文へ移動

事業内容

出版活動

●定期刊行物
 Journal of the Japan Institute of Energy
 (日本エネルギー学会誌)
 (論文誌)  (オンライン)
 ・日本エネルギー学会機関誌 えねるみくす
 (Nihon Enerugii Gakkai Kikanshi) 
   (総説・特集)(冊子)

●単行本
・シリーズ「21世紀のエネルギー」(1~13巻)
・石炭の科学と技術
・石炭利用技術用語辞典、石炭実験-分析ハンドブック、廃棄物小事典
・コークス・ノート
・天然ガスのすべて
・天然ガスパイプラインのすすめ
・非在来型天然ガスのすべて
・バイオマスハンドブック、バイオマスプロセスハンドブック
・年次大会、石炭科学会議、バイオマス科学会議,シンポジウムの講演要旨集
・講演会テキスト 等

研究発表会の開催

●下記の研究発表会を定期開催しています。

・年次大会                            ・石炭科学会議                          ・バイオマス科学会議                       ・アジアバイオマス科学会議                    ・微粒化シンポジウム(日本液体微粒化学会との共同主催)
(8月)         (10月)        (1月)         (1月or12月)      (12月)
 
(支部主催)                                   
・北海道支部 北海道エネルギー資源環境研究発表会
・関西支部研究発表会(石油学会関西支部との合同研究発表会)   
・西部支部 学生・若手研究発表会     
            (1月)         (12月)         (11月)
 

講演会、講習会等の開催

●随時タイムリーな企画により講習会、シンポジウム、講習会を開催しています。

(最近の例)
・RGB(リサイクル・ガス化・バイオマス)シンポジウム
・天然ガス部会シンポジウム
・新エネルギー・水素部会講演会
・省エネルギー・消費者行動(EECB)部会講演会、勉強会
・燃焼に関する講習会
・微粒化セミナー(講習会)
・新エネルギー・水素部会見学会
・「エネルギー学」部会見学会
・バイオマス夏の学校
・その他、支部主催講演会、見学会

受託調査研究活動

●政府、公共機関および民間企業からの受託調査研究を行っています。

これらは学会、官界、産業界の英知を集めた委員会によって行われます。
 
・メタンハイドレートの生産手法に関する特許および海外動向調査
・表層メタンハイドレート回収手法に関する技術調査
・日本IEA燃焼研究ー燃焼に関する省エネルギーと排出物低減
 

研究基盤構築に向けた研究会・勉強会活動

GH研究会
ガスハイドレートの様々な分野の研究者が 情報交換を行う場を提供する。
CBM・SG研究会
コールベッドメタン(CBM:Coal Bed Methane)およびシェールガス(SG:Shale Gas) の様々な分野の研究者が情報交換を行う場を提供する。
エネルギー転換・利用に関わる若手研究者の勉強会
産・学・官における若手研究者が意見交換できる場を提供し、今後の研究・開発を合目的かつスムーズに進めていくための研究者間の人と知識のネットワークを構築していく。

表彰活動

●優れた業績に対して、本学会は各種表彰を行っております。
 ・学会賞 ・進歩賞 ・功績賞 ・論文賞 ・奨励賞


受賞者一覧
     平成30年度受賞者
    

受賞候補者募集のお知らせ
  奮ってご応募下さい。
  2019年度 表彰受賞候補者募集のお知らせ
  ※2019年度 表彰受賞候補者募集のお知らせ(PDF版)

表彰規程
  表彰規程(H29.1.27改訂)(PDF版)

総会資料

第94回定時総会(平成31年2月26日)

第94回定時総会議案資料
・平成30年度 事業ならびに会員状況報告
・平成30年度 財務諸表
・平成31・32年度理事・監事
・平成31・32年度補欠理事選任
・平成31年度 事業計画ならびに収支予算
・正会員会費変更
                       資料はこちら
(関連行事)平成30年度日本エネルギー学会表彰
・受賞者一覧
・受賞者と業績
                       資料はこちら

第93回定時総会(平成30年2月27日)

第93回定時総会議案資料
・平成29年度 事業ならびに会員状況報告
・平成29年度 財務諸表
・平成30年度 事業計画ならびに収支予算
                       資料はこちら
(関連行事)平成29年度日本エネルギー学会表彰
・受賞者一覧
・受賞者と業績
                       資料はこちら
TOPへ戻る