本文へ移動

活動状況

第18回九州低炭素システム研究会

開催日時:2018年10月10日 14:00~17:20
開催場所:西日本総合展示場・1階セミナー会場B
主  催:九州経済産業局,九州大学,日本エネルギー学会・西部支部
参加人員:
 
【内容】
(1)「東芝のCO2分離回収について」
      東芝エネルギーシステムズ(株)   鈴木 健介氏
(2)「最新鋭高効率石炭火力発電について」
      三菱日立パワーシステムズ(株)   酒井 和人氏
(3)「竹の高付加価値化と総合利活用」
      バンブーマテリアル(株)      山田 浩之氏
(4)「エネルギーキャリアとしてのアンモニア」
      広島大学              市川 貴之氏

第3回エネルギー技術講演会・見学会

開催日時:2018年 8月24日 13:20~17:20
開催場所:三菱重工業・長崎造船所および三菱記念会館(長崎市)
主  催:日本エネルギー学会・西部支部
協  賛:日本化学会 九州支部,化学工学会 九州支部,
     石油学会 九州・沖縄支部,日本機械学会 九州支部
     長崎大学 海洋未来イノベーション機構
     長崎海洋産業クラスター形成推進協議会
 
参加人員:見学会 18名,講演会 41名
 
【内 容】
   (1)見学会:三菱造船所・史料館(旧木型場=世界遺産)
       ・三菱および日本の造船業に関する歴史の説明
       ・往復時に、非公開の世界遺産三件をバスより見学
         *:第三船渠,占勝閣,ジャイアント・カンチレバークレーン
   (2)講演会
      ①「主力電源としての風力・再生可能エネルギー」
          三菱重工業(株)       弥冨 裕治 氏
      ②「潮流発電の現状と新式潮流発電システムの開発」
          長崎大学  教授       経塚 雄策 氏
 

第2回 西部支部 学生・若手研究発表会

開催日時:2017年11月24日(金)10:30~17:30
開催場所:広島市東区民文化センター(広島市東区東蟹屋町10-31)
 
口頭発表: 8件
ポスター:22件
 
参加者数:49名

第17回 九州低炭素システム研究会

開催日時:2017年10月11日(水)14:00~17:20
開催場所:AIM3F 303・304会議室 (北九州市小倉北区浅野3-8-1)
講演内容:
①公的機関を活用した石炭灰リサイクル普及事業~くりんかロードの挑戦~
                      (株式会社くりんか) 楳木 真一氏
②未利用褐炭由来水素大規模海上輸送サプライチェーン構築実証事業について
    (技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構) 原田 英一氏
③クリーンコールテクノロジーの技術開発と海外普及展開の取組み
                          (NEDO 環境部) 青木  登氏
④大崎クールジェンプロジェクト 酸素吹きIGCC実証試験状況
                   (大崎クールジェン株式会社) 椎谷 光昭氏
⑤低炭素社会~炭素循環社会における炭素資源の転換利用に関する一考察
               (西部支部・支部長,九州大学・教授) 林 潤一郎氏
参加人数:  名
 

第16回 九州低炭素システム研究会

開催日時:2016年10月12日(水)14:00~17:20
開催場所:AIMビル3F (北九州市小倉北区浅野3-8-1)
講演内容:
①わが国の石炭政策について         (資源エネルギー庁) 江澤 正名氏
②自然エネルギーとCCUSの融合と低炭素社会への道程
                     (福岡女子大学・教授) 藤岡 祐一氏
③CO2-EORの現状について                (JOGMEC) 高橋  悟氏
④グリーンオイル一貫生産プロセス技術の概要について
                           (電源開発) 小俣 浩次氏
⑤北九州市の下水汚泥燃料化事業の取組みについて
                           (北九州市) 田澤  徹氏
参加人数:84名
 

第2回 エネルギー技術講演会

開催日時:2016年4月21日(木)13:30~17:10
開催場所:北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野)
講演内容:
①北九州市の環境・エネルギー政策について      (北九州市) 平井  良知氏
②日本鉄鋼業の省エネルギー・地球温暖化抑止への貢献
                         (新日鐵住金) 藤本 健一郎氏
③Energy Management & Smart Grid 海外実証事例
                (シュナイダー・エレクトリック) 梅村  周市氏
④2030年のわが国のエネルギーミックスと地球温暖化防止対策
                  (地球環境産業技術研究機構) 山地  憲治氏
参加人数:59名
TOPへ戻る