本文へ移動
第14回バイオマス科学会議
主催: 日本エネルギー学会 バイオマス部会
 
2019年1月16日(水)~18日(金),東広島
16~17日(会議:東広島芸術文化ホールくらら),18日(テクニカルツアー)
 
 バイオマス科学会議は,バイオマス利活用に関する総合科学会議です。バイオマスエネルギーのみならず,マテリアル利用,資源の収集,バイオマス産業評価,地域活性化,バイオエコノミー政策など,内容は多岐にわたります。工学,農学,環境学,経済学,エネルギー,材料など専門,分野問わず,産学官からの多数の発表,ご参加をいただきたくご案内申し上げます。企業展示/広告も募集致しますので,どうぞお問い合わせ下さい。

日時

2019年1月16日 (水)~17日 (木),テクニカルツアー18日 (金)

会場

東広島芸術文化ホールくらら(〒739-0015 広島県東広島市西条栄町7番19号)
(JR山陽本線 西条駅下車 徒歩4分)

発表申込

2018年10月5日(金)までに,こちらよりオンライン申込みしてください。⇒10月19日(金)に延長いたしました。⇒募集終了いたしました。

プログラム

こちらよりご覧ください。

参加申込

参加費

日本エネルギー学会の会員か →
会員
非会員
参画区分
正会員
維持会員
(不課税)
シニア会員
学生会員
(不課税)
協賛団体会員***
バイオマス部会員**
(消費税込)
一般
(消費税込)
学生
(消費税込)
早期割引*(11月30日まで) 10,000円 7,000円 12,000円 15,000円 7,000円
通常(19年1月9日まで) 12,000円 9,000円 14,000円 17,000円 9,000円
 
* 早期割引は,11月30 日(金)までにHPより参加申込みをし,12月20 日(木)までにコンビニ支払いが可能な方に適用されます。12月20 日(木)までに支払いが確認できない方は,早期割引が無効となりますので,通常価格での銀行振込をお願いします。また、請求書が必要、銀行振込での支払いをご希望の方は、早期割引ができません。通常価格でのお申込みをお願いします。
** バイオマス部会にはHPより無料でご入会いただけます。
*** 日本エネルギー学会のバイオマス部会,新エネルギー・水素部会,「エネルギー学」部会,省エネルギー・消費者行動部会,GH研究会,CBM・SG研究会に所属している方で非会員の方は,協賛団体会員価格です。

交流会

2019年1月16日(水)夕方 東広島芸術文化ホールくらら内を予定
参加費と別で有料。一般6,000 円(消費税込),シニア会員・学生3,000 円(消費税込)

企業展示・広告

お申込みは,こちらよりお願いいたします。⇒募集終了いたしました。

特別シンポジウム "EU-Japan small-scale biomass gasification seminar"

1月16日(水)13:30~17:30
特別シンポジウムを開催致します。(会議参加費に含まれます)
 
Preliminary Agenda
 
13.30 – Introduction
      Welcome and introduction from the organizers
 
14.00 – Session one: research and technology context
             Chairmen: Yukihiko Matsumura – Japan Institute of Energy,
                             Maurizio Cocchi – ETA Florence
     Technology overview: main small-scale gasification technologies,
     point of strength and critical issues
             Marco Baratieri – Free University of Bozen-Bolzano
     Present situation and problems of small biomass gasification plants
     in Japan
             Kenichi Sasauchi – Chugai Ro Co.Ltd
     Fuel and load flexibility in small-scale gasification: experiences in EU
     and challenges
             Markus Gölles – Bioenergy 2020+ GmbH
    Valorization of co-products of small-scale gasification plants (biochar and
    bio-oil) and importance for overall profitability of the plant
            Francesco Patuzzi – Free University of Bozen-Bolzano
    Sustainable biomass procurement for the Japanese Energy sector
            Takanobu Aikawa – Renewable Energy Institute
    Methodologies for plant monitoring, energy and environmental
    performance assessment
            Stefan Martini – Bioenergy 2020+ GmbH
 
16.00 – Session 2: Case studies and industry perspectives
            Chairmen: Marco Baratieri (Free University of Bozen-Bolzano);
                            Takanobu Aikawa (Renewable Energy Institute)
    Case study of South Tyrol (Italy) – results of environmental and
    performance monitoring of gasification plants
            Free University of Bozen-Bolzano
    Experiences and technology challenges with 50 and 250 kWe wood
    biomass gasifiers installed in Japan – plant efficiency, adaptation to
    local feedstock and use of biochar
           Rewrite Inc/RM Group
    Prospects of Modern Wood Gas Cogeneration Renewable Energy Supply
    in Japan − Case Study of ICU
           Invited
    Other invited speakers
    to be announced
 
17.00 – Question time and final remarks

17.30 End of seminar
 
プログラムはこちらよりご覧ください。

テクニカルツアー(2019年1月18日開催)

●定員:40名
●参加費:一律5,000 円(消費税込。会議参加費、交流会費とは別)
●スケジュール【予定】
 8:30   西条駅集合,貸切バスで移動
 9:00   国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センター(東広島市サイエンスパーク)
     なのセルロース工房見学など
 11:00 賀茂バイオマスセンター(東広島市豊栄町)
     東広島市バイオマス産業都市構想の一つ,バイオマス収集,ペレット化など
 
 昼 食(準備いたします)
 
 14:00 酔心山根本店醸造所(三原市本郷町)
     酒蔵見学,利き酒有り
 16:00 西条駅解散
TOPへ戻る