本文へ移動
一般社団法人 日本エネルギー学会
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-16-9 
外神田千代田ビル4階
TEL.03-3834-6456
FAX.03-3834-6458
URL.https:www.jie.or.jp

バイオマス関連行事報告

化学工学会第52回秋季大会 エネルギー部会・バイオ部会部会横断型シンポジウム「バイオマスの熱化学的変換・生物化学的変換の新展開」

2021-09-22
化学工学会第52回秋季大会 エネルギー部会・バイオ部会部会横断型シンポジウム「バイオマスの熱化学的変換・生物化学的変換の新展開」が2021.9.22-24にオンラインで開催されました。松村の聞くことのできた発表について紹介します。


座長 野田 玲治(群馬大学)

VE306 (九大先導研) ○(正·技基)浅野 周作・ (九大総理工) 王 敬賢・ (九大先導研) (正)工藤 真二・ (正)林 潤一郎
反復酸素アルカリ処理による木質バイオマスの脱リグニン率向上
リグノセルロース系バイオマスのアルカリ酸素処理でリグニンを除去する検討。

VE307 (道総研工試) ○(正)近藤 永樹・ (正)吉田 誠一郎・ (正)松嶋 景一郎
過熱水を利用したグルタミン酸から生分解プラスチック原料への変換反応
不良椎茸や昆布の根元部分からグルタミン酸を得、バイオプラスチック原料を得る検討。

VE308 (広大院先) ○(学)アリ モハメド アフメッド モハメド・ 井上 修平・ (正)松村 幸彦
バイオマスガス化触媒として期待されるカーボンナノチューブの超臨界水中安定性
カーボンナノチューブを触媒または触媒担体として利用することを考え、超臨界水中での挙動を確認。

VE309 (広大院統合生命) ○(学)脇 滉・ 加藤 節・ 青井 議輝・ (広大院先進理工) (正)市川 貴之・ Kim Wookyung・ (正)松村 幸彦・ 西田 恵哉・ (広大院統合生命) (正)中島田 豊
メタン発酵プロセスにおけるアンモニア回収法の検討
メタン発酵を高温で、アンモニアを気相に回収しながら行う検討。


座長 中島田 豊(広島大学)

VE313 (広大院統合生命) 岡村 好子
[招待講演] Nitratireductor sp. OM-1の油脂合成特性とその利用
プロピオン酸などから油脂を合成する微生物OM-1の紹介。

VE315 (Tokyo Tech) ○(海)Boonyubol Sasipa・ (正)Kodama Satoshi・ (正)Sekiguchi Hidetoshi
[優秀論文賞] Effect of Alumina Particles on Simultaneous Lipid Extraction and Biodiesel Production from Microalgae under Ultrasonic Irradiation
超音波で微細藻類を処理し、油をバイオディーゼル化するプロセスの検討。

VE316 (Tokyo Tech) ○(海)T. sriwong Kotchakorn・ (Kumamoto U.) Kamogawa Ramma・ (正)Sasaki Mitsuru・ (Tokyo Tech) (正)Matsuda Tomoko
Geotrichum candidum acetophenone reductase immobilization on reduced graphene oxide: an approach for sustainable green asymmetric synthesis
グラフェンを酵素固定に利用する検討。

VE317 (名大院工) ○(正)石川 聖人・ Chen Yan-yu・ (九大生医研) 相馬 悠希・ 高橋 政友・ 和泉 自泰・ 馬場 健史・ (名大院工) (正)堀 克敏
気相微生物反応におけるMethylococcus capsulatus str. Bathの代謝動態の変化
気相で微生物が反応を進行させる気相微生物反応の検討。


座長 松村 幸彦(広島大学)

VE319 (中部大工) (正)二宮 善彦
[招待講演] バイオマスガス化炉内に発生するクリンカ生成に関する最近の知見
木質ペレットのガス化炉で日本で発生するクリンカトラブルの理由と対策を紹介。

VE321 (東北大院工) ○(学·技基)久保田 亮輔・ (正·技基)廣森 浩祐・ (正)高橋 厚・ (正)北川 尚美
バイオマス分解物を原料とした直接エステル化による糖脂肪酸エステルの合成
食用にもできる界面活性剤である糖脂肪酸エステルの合成を検討。

VE322 (群大院理工) ○(海)Ariunaa Baterdene・ (三機工業) (正)小松 貴司・ 千田 武志・ 辻林 良祐・ (群大院理工) (正)野田 玲治
ガス化発電システムで回収される焼却灰を用いたタールのガス化原料転換手法の検討
アップドラフトガス化炉で問題となるタール焼却灰でガス化する提案。

VE323 (名大院工) ○(学)吉田 晴紀・ (正)成瀬 一郎・ (正)義家 亮・ (正)植木 保昭
木質バイオマスガス化過程におけるタール放出挙動へのガス雰囲気の影響
木質バイオマスのガスかでタールが発生する状況を水蒸気、二酸化炭素、水蒸気と二酸化炭素、窒素中で比較。


以上です。
TOPへ戻る