一般社団法人 日本エネルギー学会
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-16-9 
外神田千代田ビル4階
TEL.03-3834-6456
FAX.03-3834-6458
URL.http:www.jie.or.jp

構造解析

本プログラムの概要

 このプログラムは重質油の物性値から平均分子構造作成のためのパラメータを計算するものです。原理はBrown-Ladner法で、片山、真田らが大型計算機用に改良したSAAHをベースにExcelへ移植し、さらに独自の改良を加えたもので、国立研究開発法人産業技術総合研究所が著作権を保有しています。
 この計算プログラムには、整数解用、実数解用、解を得られない場合の処理を含むものなど、いくつかのバージョンがありますが、本プロクラムはWeb上でのデモ用ため、エラー処理のない整数解用のものとなっています。そのため、解の得られない場合が比較的多くなります。そのような場合はより高機能のバージョンのものを使用する必要があります。これは計算に時間がかかること、取り扱いに多少の経験が必要なことから、公開の予定はありません。
 詳細解析には実数解対応のプログラムが必要です。この利用に当たっては種々の条件があります。詳細は、産業総合研究所創エネルギー研究部門未利用炭素資源グループにお問い合わせください。
 
 この支援プログラムはExcel2013での動作は確認済みです。

必要データ

本計算には以下のデータが必要です。
  元素分析値    炭素、水素、窒素、硫黄の重量%
  プロトンNMR    NMRチャートで下記の4つの範囲の面積%
   芳香族水素:      6ー9ppm
   芳香族α位水素:     2ー5ppm
   側鎖水素:       1.05-2ppm
   末端メチル基水素:   0.1-1.05ppm
  芳香族性指数   13C-NMRで100-190ppmと0-70ppmの面積の合計に対する100-190ppmの面積%
  数平均分子量   VPO、GPCなどで測定した試料の数平均分子量
 
※ 芳香族性指数:全炭素に対する芳香族炭素の割合
  この分析結果が無い場合は文献 元素分析、1H-NMRから推定できる場合がある。
   参考文献 1)、7)、8)

ファイルダウンロード

平均構造解析支援プログラムダウンロード

xlsm
 本プログラムにはパスワードがかかっています。新規利用者は以下の事項を下記メールアドレスへお送りください。
折り返しパスワードを送付します。
 以前登録された方で、新たにダウンロードされた方はお手数ですが、パスワードの新規発行依頼をお送りください。
   メールタイトル  構造解析利用者登録
   氏名(必須)
   所属(必須)
   E-mail(必須)
   日本エネルギー学会員(必須)  (はい いいえ) 
   会員番号
   他の所属学会(日本エネルギー学会員以外の方)
 メール送信先: s-sato@aist.go.jp
【注意】本プログラムは日本エネルギー学会重質油部会が管理するものです。無断コピーは禁止いたします。
   

参考文献

1) Brown, J. K., Ladner, W. R., Fuel, 39, 87 (1960).
2) Hirsch, E., Altgelt,K. H., Anal. Chem., 1970, 42, 1330
3) 片山優久雄, 細井卓二, 武谷愿, 日化誌, 1975, 127.
4) 片山優久雄, 真田雄三, 大内公耳, 石油誌, 21,175 (1978).
5) 佐藤信也, 石油誌, 40, 46~51, (1997).
6) 佐藤信也, ペトロテック, 33(8), 581~588, (2010).
7) 松村明光, 佐藤信也, 日本エネルギー学会誌, 88, 586 (2009).
8) 佐藤信也, 日本エネルギー学会誌, 90, 274 (2011).