一般社団法人 日本エネルギー学会
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-16-9 
外神田千代田ビル4階
TEL.03-3834-6456
FAX.03-3834-6458
URL.http:www.jie.or.jp
 
第17回バイオマス関連部会・研究会合同交流会

~海洋・水生バイオマス利用の最先端~

主催:

化学工学会エネルギー部会バイオマス分科会,日本エネルギー学会バイオマス部会,バイオマス利用研究会,木質バイオマス利用研究会,日本木材学会バイオマス変換研究会,
バイオインダストリー協会アルコール・バイオマス研究会


 我が国は広い排他的経済水域を有しており,海洋バイオマスの利用が期待されます。また藻類を含む水生バイオマスは海でも陸上の湖水などでも,成長速度が速いことで知られています。しかしながら,その利用が進んでいるという話はまだ聞こえてきません。海洋・水生バイオマスを利用するにあたって,何が問題となっており,その利用技術はどこまで進んでいるのでしょうか。微細藻類と大型藻類,油生産とメタン発酵,密閉型水槽と開放型水槽のどちらが有効なのでしょうか。海洋・水生バイオマス利用技術の最新技術を知り,その可能性を確認します。


●日時: 2017年12月5日(火) 13:00 ~ 16:45 
●会場: 全国家電会館1F A 会議室(〒113-0034 東京都文京区湯島3 - 6 - 1,TEL:03-3832-4291,FAX:03-3832-4293)
東京メトロ銀座線末広町駅徒歩約5分
http://www.jeass.or.jp/map.html

 

プログラム

13:00-14:00

「主催各団体紹介と挨拶」

14:00―14:25

「微細藻類の生産と利用」渡辺 信(筑波大学)

14:25―14:50

「微細藻Botryococcus braunii による炭化水素生産 」長谷川 文生(東京大学)

14:50―15:00

休憩  

15:00―15:25
「海洋ケイ藻による原・燃料用オイル生産技術開発とその将来像」 松本 光史(電源開発)

15:25―15:50

「ミドリムシのバイオマス資源としての可能性」 鈴木 健吾(ユーグレナ)
15:50―16:15 「大型藻類を徹底的に利用する」 中島田 豊(広島大学)
16:15―16:45 「ディスカッション」 モデレータ 松村幸彦

17:00-18:30

「意見交換会」 全国家電会館内にて開催

参加申込要領

(1)参加費
一般:事前 5,000円 当日 6,000円
主催団体会員:事前 4,000円 当日 5,000円
意見交換会:3,000円
(申込なしの当日参加も受け付けますが,参加費が1000 円高くなり,また,定員に達した場合には入場いただけないことがあります。ご了承下さい。)
(2)申込方法 お申込みは、こちら