一般社団法人 日本エネルギー学会
〒101-0021
東京都千代田区外神田6-16-9 
外神田千代田ビル4階
TEL.03-3834-6456
FAX.03-3834-6458
URL.http:www.jie.or.jp

バイオマス関連行事報告

第23回動力・エネルギー技術シンポジウム講演会

2018-06-14
第23回動力・エネルギー技術シンポジウム講演会が2018.6.14-15に宇部にある国際ホテル宇部で開催されました。松村の聞くことのできた発表について紹介します。

OS5 バイオマス・新燃料・環境技術 (1)
座長 松村幸彦(広島大学)
E211 ○一宮暢希(岡理院),近藤千尋(岡理),佐野広季(前岡理院),山根浩二(滋県大),河崎澄(滋県大)
含油排水からの油分回収およびBDF製造 ~ラーメン店舗含油排水を用いた検証
ラーメン店の含油排水から油脂を回収してBDFを製造する。ラーメンの残渣汁、グリーストラップ油、スープ工場排水を利用。

E212 ○樋上晶大(滋賀県大院),岩井慎吾(滋賀県大院),山根浩二(滋賀県大),河崎澄(滋賀県大)
微細藻類油からの炭化水素燃料製造に適した接触分解反応条件の検
微細藻類から加熱メタノール蒸気法で油を抽出し、接触分解で炭化水素燃料を得る検討。

E214 ○重松郁弥(久留米工大),高山敦好(久留米工大)
水素水を用いた水エマルジョン燃料の燃焼特性
水素水を用いて軽油からエマルジョン燃料を生成、燃焼特性を確認。廃油再生重油を界面活性剤として利用。

E215 ○大神悠太(鹿児島大院),木下英二(鹿児島大),大高武士(鹿児島大),中武靖仁(久留米高専),吉本康文(新潟工科大)
バイオディーゼル燃料の流動点改善とディーゼル燃焼
BDFの流動・燃焼特性がそのエステル組成に依存することから、低温流動性の改善を目的として組成の影響を確認。

OS5 バイオマス・新燃料・環境技術 (2)
座長 木下英二(鹿児島大学)
E221 ○河本剛志(山口大学),山路啓人(山口大学),田之上健一郎(山口大学),西村龍夫(山口大学)
さまざまなプラスチック充填層の熱分解中における温度および生成物量の測定
プラスチック充填層を熱分解した時のガス組成と温度変化を測定。ポリスチレンを利用。

E222 ○田中公美子(山口東理大),吉村敏彦(山口東理大),井尻政孝(山口東理大),中川大典(山口東理大)
炭素繊維強化プラスチックの新しいリサイクル技術の開発に向けたキャビテーション加工からのアプローチ
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)のリサイクルのため、ウォータージェットピーリングという表面処理を行う。

E223 ○立道悟(久留米工大),高山敦好(久留米工大)
コロナ放電下でのUFB 水霧化の特性
超微細気泡水を霧化、コロナ放電を加えて、燃焼特性を確認。

E224 ○荒川純(IHI),崔原栄(IHI),佐竹宏貴(IHI),高野健司(IHI)
CO2化学吸収技術の開発・実証
IHIの重点層を用いたCO2化学吸収法の紹介。40 %の再生エネルギー低減を実現したというもの。

E225 ○Changsuwan Pattraporn(広島大),井上修平(広島大),井上陽仁(復建調査設計),川井良文(中電プラント),谷川博昭(中国電力),野口琢史(東洋高圧),松村幸彦(広島大)
グアヤコールの超臨界水処理における反応速度解析
超臨界水中でのグアヤコールの分解を滞留時間を変えて測定。

OS5 バイオマス・新燃料・環境技術 (3)
座長 山根浩二(滋賀県立大)
E231 ○松村幸彦(広島大),Kosacarn Warat(広島大)
高温高圧水によるセルロース溶解における拡散物質の考察
セルロースの水熱溶解における拡散物質種を決定するためにセロビオースのバルク濃度を高めて検討。

E232 ○Syaftika Novi(広島大),Obie Farobie(ボゴール農科大),Hambali Erliza(ボゴール農科大),Yong Tau Len-Kelly(クアラルンプール大),Loh Soh Kheang(MPOB),松村幸彦(広島大)
パーム空果房と対応するセルロース、キシラン、リグニン混合物の水熱前処理の比較研究
EFBと同じ組成のセルロース、キシラン、リグニンの混合物を水熱処理して比較。

E233 ○Amrullah Apip(広島大),松村幸彦(広島大)
超臨界水中における下水汚泥からのガス生成に及ぼす温度と反応時間の影響
超臨界水中での下水汚泥の分解特性を確認。濃度と滞留時間の影響を調べる。

E234 ○Mainil Rahmat Iman(広島大),Paksung Nattacha(広島大),松村幸彦(広島大)
超臨界水中におけるグリセルアルデヒドの分解挙動
臨界点近傍でのグリセルアルデヒドの分解特性を確認。

E235 ○藤原芳樹(広島大),松村幸彦(広島大)
水熱条件下における連続反応器中でのカルシウムを用いたリンの回
ATPを水熱分解し、硝酸カルシウムを混合してリンを回収する提案。

E236 ○横山裕生 (広島大),松村幸彦(広島大)
ユーカリの水熱粉砕前処理における副生物の生成
ユーカリを水熱条件下で粉砕する前処理において、液相に発酵阻害物質が生成しないか実験的に確認。


以上です。