エネルギー転換・利用に関わる
若手研究者の勉強会


         最終更新日 2013.02.25
   

 


「エネルギー転換・利用に関わる若手研究者の勉強会」は、産・学・官における若手研究者が意見交換できる場を提供し、懇親を深め、今後の研究・開発を合目的的かつスムーズに進めていくための、研究者間の人と知識のネットワークを構築していくことを目的としています。

 エネルギーは、自然科学だけでなく、社会科学分野に関わる横断的で深く幅広い知識を要求される分野です。また、地球温暖化問題、原油価格高騰等、早急に解決しなくてはならない技術的課題は山積しており、学際的であると同時に実際的であることも要求されます。
 このような状況の中、若手研究者が合目的的な研究活動を行うために必要な要素として、1.最新情報の入手、2.科学的なデータに基づく将来のビジョン(長期目標)の設定、3.分野の垣根を越えた研究ネットワーク構築、が挙げられます。
 本勉強会では、各回テーマを設定して、1と2についてテーマに合致した方を講師として講演をお願いしております。また、3も勉強会の重要な活動の一環と考えており、勉強会終了後には講師の先生方を囲んだ懇親会を開催しております。勉強会の詳細は、本ホームページ上で随時告知いたします。


 学生さんを含む、若手研究者の皆様(特に年齢制限は設けておりません)を対象としておりますので、積極的な御参加をお願いいたします。

  

 

info

今年度の勉強会

2012年8月6日(月)
12:40〜13:30
(終了しました)

「エネルギー学」部会共同企画
招待講演
「ゼロ・エネルギーの
江戸時代から学べること」
作家 石川 英輔 先生
(江戸文化研究者)

開催案内(PDF)

昨年度までの
勉強会実績
 
日本エネルギー学会
TOPへ
 
   幹事
  • 産業技術総合研究所  高木英行
  • 東京大学       伏見千尋
  • 産業技術総合研究所  倉本浩司
  • 名古屋大学      隈部和弘
  • 中部大学       波岡知昭
 

 ご意見ご質問等は
こちらまでお願いします

jiewakate-ml@aist.go.jp
(@を小文字に変換してください)