主催: 日本エネルギー学会 リサイクル部会、バイオマス部会、ガス化部会
協賛:
 
アルコール協会、エネルギー・資源学会、化学工学会、省エネルギーセンター、触媒学会、石炭エ ネルギーセンター、石炭利用総合センター、日本化学会 、日本機械学会、日本燃焼学会、日本粉体工業技術協会、日本木材学会、バイオインダストリー協会、廃棄物学会、日本ガス協会、塩ビ工業・環境協会


循環型社会の構築に向け未利用エネルギーの利用拡大が急務であり、より質の高い技術の開発が求 められ ております。こうした状況に鑑み、廃棄物、バイオマス、石炭等利用技術等の開発状況を把握できるよう、(社)日本エネルギー学会では、リサイクル部会、バ イ オマス部会、ガス化部会の三部会による合同シンポジウムを開催いたします。幅広い話題の中から厳選された7件のご講演は、参加される皆様方のご期待に応え られるものと自負しております。また、和やかに意見交換ができるよう技術懇談会も用意しました。どうぞ奮ってご参加下さいますようご案内申し上げます。

 

日時 平成18年11月8日(水) 10:00〜17:15
会場 全国家電会館(湯島) (東京都文京区湯島 3-6-1 Tel.03-3832-4291)
 ※営団地下鉄千代田線湯島駅より徒歩3分、三組坂(みくみざか)の中程です。
 ※営団地下鉄銀座線末広町駅より徒歩5分、JR御徒町駅より徒歩10分です。

 

プログラム

10:00
 〜10:10
開会の挨拶
  主催部会長   
10:10
 〜11:00

「バイオマス資源循環利用システム」
       三重大舩岡教授が提唱されている「相分離システム」を主体とする
       バイオマス資源の有効利用システムの実用化の開発について報告する。

                 (株)荏原製作所 環境事業カンパニー 近藤和博   
11:00
 〜11:50
「食品廃棄物のメタン発酵システムの開発」
       食品廃棄物の高速メタン発酵システムを開発しており、給食残渣や
       食品工場での実証試験状況を報告する。

  富士電機アドバンストテクノロジー(株) 環境技術研究所 吉岡 浩
11:50
 〜12:50
  昼 食 休 憩
12:50
 〜13:40
「燃焼排ガスからのCO2回収技術と回収CO2の利用」
       主としてボイラ排ガスからのCO2回収技術と回収CO2の利用技術、
       特に地中貯留を意識したEORへの適用について紹介する。

 三菱重工業(株) プラント・交通システム事業センター 久詰陽康   
13:40
 〜14:30
「三菱マテリアル樺シ島製錬所のリサイクル事業について」
       銅地金や金銀等の貴金属を生産している製錬所の前処理施設とリンク
       させた新しいゼロエミッション型リサイクル事業の紹介

  三菱マテリアル(株) 直島精錬所 清水 隆   
14:30
 〜15:20
「高バイオマス量サトウキビを用いた粗糖・エタノール同時生産プロセスの開発」
       九州沖縄農業研究センターが開発した高バイオマス量サトウキビを
       用い、従来通りの粗糖製造量を確保した上で、同時にエタノールを
       生産できるプロセスについて概説する。
 
アサヒビール(株) R&D本部技術開発研究所 川村公人    
15:20
 〜15:30
  休  憩
15:30
 〜16:20
「噴流層石炭ガス化技術の進歩と今後の課題」
       当社が進める”多目的石炭ガス製造技術-EAGLE-”のこれまでの成果と
       その技術的背景を紹介し、合せて海外も含めた石炭ガス化技術の今後の
       課題を考察する。

  電源開発(株) 技術開発センター若松研究所 小山俊太郎    
16:20
 〜17:10
「GTLの最新動向と将来性」
       GTL技術の特徴、GTLプロジェクトの最新動向を踏まえ
       その将来性及び発展のための課題を検討する。

石油天然ガス・金属鉱物資源機構 石油・天然ガス調査グループ 鈴木信市   
17:10
 〜17:15
閉会の挨拶
                                                                                        主催部会長   
17:20
 〜19:20
技術懇談会(講演終了後、地下1階の中華料理屋にて)


◇ 参加申込要領 ◇

(1)参加申込締切 平成18年11月6日(月)  当日受付可能です。どうぞご来場下さい。
(2)参 加 費

   技術懇談会費
会員8,000円、協賛学協会会員10,000円、非会員12,000円、学生4,000円

3000円
(3)参加申込方法
下記内容をE-mail送信ください。

・氏 名:
・勤務先:
・部課名:
・住所:〒
・TEL.:
・FAX.:
・E-mail:
・参加者区分:会員・協賛会員(     学会・協会)・非会員・学生
・参加費:(    円)
・技術懇談会: 出席 or 欠席
・送金方法:当日現金・郵便振替・銀行振込(○○銀行 振込予定日:○/○)

※E-mailで不可能の場合は申込書に記入しFAX下さい。

(4)申込先 〒101-0021 東京都千代田区外神田 6-5-4 偕楽ビル(外神田)6F
(社)日本エネルギー学会 「三部会合同シンポジウム」係
TEL.03-3834-6456, FAX.03-3834-6458
Home page:http://www.jie.or.jpE-mail: events@jie.or.jp
(5)参加費支払方法 当日の現金支払いを歓迎します。(お釣不要でご用意下さい)
振込は下記宛でお願いします。
(参加費は欠席・解約の場合返却できません。予めご了承ください。)
@ 郵便振替 振替口座 00170-9-55504
A 銀行振込 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
三井住友銀行 上野支店 (普)7469252

口座名義 社団法人 日本エネルギー学会

*参加証は発行しませんのでご了承ください。



◇日本エネルギー学会 部会合同シンポジウム参加申込書 
FAX:03-3834-6458

200611 8 日(水)

日本エネルギー学会 合同シンポジウム 参加申込書

氏名

 

会員  □協賛学協会会員

□非会員 □学生

所属

会社/学校

 

部課名

学科名

 

住所

 

Phone

Fax

E-mail

 

参加費

8,000円 □10,000円 □12,000円 □4,000

 

技術懇談会

3,000

□ 出 席  □ 欠席

支払い方法

     当日現 金 □郵便振替 

     銀行振 込(振込先-       銀 行、振込予定日-  月   日)






Notes:□の 中の該当する項目に印をご 記入下さい。
            銀行振 込の場合、振込先及び 振込予定日をご記入ください。