第4回バイオマス・アジア・ワークショップ007-0711
2007.11/20-22/マレーシア・シャーアラム、グランドブルーウェブホテル
------------------------------------------------------------------

第1回東京、第2回バンコク、第3回東京に続くものです。次回、中国が開催に手を挙げています)。
ポスター発表
は後半にまとめました。
紹介は、松村先生、
吉田様にお願いしました

参照→http://www.biomass-asia-workshop.jp/japanese/index.html

初日挨拶、特別講演、全体講演、<基調講演>、1つのセッションとパネルディスカッション、ポスター発表。
<セッション>アジアの国におけるバイオマス利用の展望; <パネル討論>アジアにおける持続可能かつ環境に優しいバイオマス生産利用に関するパートナーシップ

2日目並行で2セッションが行われた。 <セッション1>持続可能なバイオマス利用のために ;<セッション2>農業残さ、木質廃棄物の利用 ;総合討論、<パネルディスカッション>、<閉会>
3日目] テクニカルツアー
[初日]ーーーーーーーーーーーーーー
開会挨拶
倉田(産総研)、小栗(農水省)。特別講演全体講演があり、午後一番に基調講演があり、1つのセッションパネルディスカッション、通してポスター発表(昼休み=説明)。/matumura
ーーーーーーーーーーーーーーーー
特別講演司会:Yusuf, Z. A. M. (SIRIM, Malaysia)
* Iiyama, K. (JIRCAS, Japan) Lignocellulose refinery system must be realizedfor global environment and economy
 
リグノセルロースの有効利用は地球環境問題の観点から求められている。バイオリファイナリーの適切な導入によって、農業残渣を含むリグノセルロースの利用を進めるべき。/matumura

全体講演 司会:Yagi, Y. (AIST, Japan)
*Abbassian, A. (FAO, UN) Food securyti with biofuels: FAO perspective
 
バイオ燃料に関する食料とエネルギー利用の競合は、最終的にはどの土地をどの目的に利用するかという問題に帰着する。穀物価格の上昇は燃料利用よりも投機によるところが大きく、農民の立場からは悪いことではない。どのように穀物生産を行うかは地域ごとの事情を考慮すべき。/matumura

*Rahma, A. A., (PTM, Malaysia) Biomass for energy generation 
  
マレーシアの例を示し、バイオマスの導入には仕組、ファンド、見通し、成功事例などが欠けていると指摘。バイオマスを燃料とした発電事例を紹介。

*Peesamai, J. (TISTER, Thailand) Biomass for material application
 
タイのバイオマス資源を紹介し、バガスファイバーボードを建築用ブロック繊維屋根材料、グリセリンから1,3-プロパンジオールを得るなどのマテリアル利用の可能性を紹介。/matumura
コメント:
はカリ分が多く、成型体市販よりも肥料還元が望ましいのでは/sano

*Lunjew, M. D. (Ministry of P;antation Industries and Commodities, Malaysia)Policy and legislation on biofuel  utilization
  
パーム油からのバイオディーゼルはEN14214, ASTM D6751の国際規格を満たす。マレーシアではバイオ燃料政策を2006年3月21日に設定、ジャトロファ、ニパ、サゴ、油ヤシなどの利用も検討している。/matumura
 
基調講演Yaik, L. K. (Minister of Energy, Water and Communications,Malaysia)
 
マレーシアエネルギー・水・コミュニケーション大臣からのマレーシアの森林とパームやしについてのジョークを交えた説明と、バイオマスについての動きの説明。/matumura
 
<セッション>アジアの国におけるバイオマス利用の展望/司会:Kamimoto, M.(AIST, Japan)
*Sakanishi, K. (AIST, Japan) Biomass-Asia Project-Second Stage: Research andtechnological development for sustainable  biomass utilization in Asiancountries
 
第2段階に入ったバイオマスアジアプロジェクトと、検討を進めるヤシエネルギー複合システム、砂糖・米エネルギー複合システム、木質リファイナリー複合システムの概要紹介。/matumura

*Li H., (CAS, China) The road map of Chinese biomass energy development
 
中国のバイオマス利用状況の説明。家庭用メタン発酵エタノール、その他の順で利用されている。

*Sriroth, K. (Kasetsart U., Thailand) Rice-sugarcane Complex model
  
砂糖・米エネルギー複合システムの紹介。砂糖工場の廃糖蜜不良米からエタノールを、バガス籾殻稲わらで電力を得る。エタノール発酵プロセス排水畑に戻す。/matumura

*Sumaryono, W. (BRRT, Indonesia) Palm Complex model
  ヤシ油エネルギー
複合システムの説明。空果房をガス化してメタノールを得、ヤシ油と反応させてバイオディーゼルとし、副生するグリセリン発酵によって1,3-プロパンジオールにして高分子とする。/matumura

<パネル討論>アジアにおける持続可能かつ環境に優しいバイオマス生産利用に関するパートナーシップ/モデレータ:Matsumura, Y. (Hiroshima Univ.,Japan)
パネリスト:Liu, D. (Tsinghua U., China)、  Panaka, P. (PT GikokoKogyoInconesia,.Indonesia)、 Ali Hassan, M. (Univ. Putra Malaysia, Malaysia)、 Rason, L. F. (De La Salle Univ., Philippines)、 Chollacoop, N. (MTEC,Thailand)、Truong, H. N. (VAST, Vietnam)
   最初に松村からアジア・バイオマス協議会につながるネットワークの流れ、そして発展途上国における持続可能バイオマス利用でポイントとなる項目についての紹介を行い、これを受けて各パネリストからそれぞれの国の状況について紹介があった。
 ポイントとして、
どの技術どういう国際協力が求められているか、という観点からの議論を行い、各国、各地域によって、資源、需要が異なるので、これを踏まえて地域ごとの利用の仕方を考えるべきであり、また、実証を行い、経験の共有を促進する国際協力を進めるべき、という整理を行った。/matumura

[第2日]ーーーーーーーーーーーーーー
午前:並行で2セッション;テーマ1紹介=美濃輪。テーマ1紹介=松村
午後は再び全体会議で1セッションとパネルディスカッションがありました。
<セッション1>テーマ=:「PALM OIL ENERGY COMPLEX MODEL」(パーム油エネ複合体モデル)/司会:SIRIM(マレーシア)Dr. Chen Sau Soon、美濃輪(日本) /minowa
 
Palm Oil Industry in Malaysia」/(MPOB、マレーシアパームオイルボード)Dato' Dr. Choo Yuen May
 パーム産業の概要説明。 パームオイルミル工場では多くの残渣が排出される。/minowa

Electricity Generation from Palm Oil Mills in Indonesia: Opportunities and Challenges」/(インドネシアBPPT)Mr. Soni Solistia Wirawan
 空果房(EFB)の発電利用に関して取り組みについて報告があった。/minowa
 
Co-firing of Biomass with Coal for Power Generation」/(タイ、Institute of Technology North Bangkok)Dr. Suthum Patumsawad
  
石炭との混焼技術を概観した。/minowa
 
ミル工場からはパーム油の精製時に廃液(POME)が大量に出る。通常これはラグーンと呼ばれる池で処理をしているが、ここからメタン(バイオガス)が発生する。この対策としてメタン発酵の取組みとCDMへの展開、さらに乳酸発酵を行ってバイオプラスチックを作る試みについて、次の両講演があった。
「Palm Oil Energy Complex and CDM」/(九工大)白井
「Biomass Plastics from Palm Oil」/(UPM、マレーシアプトラ大学) Mohamad Ali Hassan
両大学は連携して共同研究を行っており、バイオマスのアジア展開のモデルとなる期待がある。/minowa

昨今、
バイオエタノールへの注目も高まっており、それに関する取り組みとして、2件:
「Potential of Oil Palm Trunk as a Source for Ethanol Production」/(森林総研)田中
 廃幹部樹液が大量にあること、これをうまく搾り出せばエタノールの原料となることが紹介された。これは、NEDOプロジェクトマレーシアと国際共同研究。/minowa
 
「Production of Second-Generation Biofuels from Palm Wastes」/(産総研バイオマス研究センター)矢野
 廃幹EFBセルロース成分の糖化について報告があった。/minowa

パームオイルといえばメチルエステル化してBDFとしての利用がある。BDFの製造は既に実用化されているが、その利用にあたっては規格、標準が重要となる。
「Benchmarking of Biodiesel Fuel Standards for Vehicles in East Asia」/(産総研新自動車燃料研究センター長)後藤
 
自動車燃料用としてのBDF規格化について東アジア各国との連携での取組みが紹介された。/minowa
ーーーーーーーー
 白井先生も講演の中で言及されたが、バイオマス活用には
収集の負担が大きい。 パームオイルのミル工場では毎日大量のバイオマス残渣が出てくるのがメリット。この有効な利用は、導入モデルとして取組みの近道となろう。 マレーシアでワークショップを行ったおかげで、パームに焦点を絞ったセッションでは、参加者の意識の共有が出来たと思われる。/minowa
ーーーminowa、ここまで。

セッション2>テーマ=:農業残さ、木質廃棄物の利用/司会:Xu, G. (CAS,China)、Yoshida, T. (FFPRI, Japan)
*Bon, E. P. S. (UFRJ, Brazil) Brazilian present and future ethanolproduction-Biomass ethanol potential
 サトウキビバガスエタノールとする検討。酵素の開発によって迅速な糖化を目指す。

*Vuthy, K. (Ministry of Industry, Mines and Energy, Cambodia) n/a
 ンボジアにおいては地方の電化が重要である。現在、配電網、ディーゼル発電、蓄電池などが用いられいるが、電化率は54%。 バイオマスを用いたマイクロ配電網を考えたい。

*Xu, G. (CAS, China) High efficiency conversion of cellulosic processresidue into middle-caloric gas
 
中国都市部で発生する含水系バイオマス加熱油中減圧乾燥してガス化する技術の検討。

*Priyanto, U. (BRRT, Indonesia) Agricultural and wood waste potentials andutilization in Indonesia
 インドネシア農業残さ、木質廃棄物利用の可能性。EFBは燃やして蒸気に、廃糖蜜エタノールに、籾殻は燃焼するかガス化 して利用。電化率は60%以下であり、この向上のためにもバイオマスを利用したい。

*Shinogi, Y. (NARO, Japan) Biomass refinery system
 
宮古島で進められている熱分解ガス化メタン発酵コンポスト直接燃焼を組み合わせたバイオマス利用システムの紹介。
*Hliang, S. S. (Mandalay Tech. U., Myanmar) Anhydrous ethanol production
 
エタノール脱水シリカゲルを利用する検討の紹介。

*De Guzman,R. B. (KMITNB, Philippine) n/a
 
バイオマスの利用は、エネルギー安全保障環境保護、地方の電化貧困の撲滅のために有効。ココナッツ油メチルエステルジャトロファメチルエステルなどの利用も検討。

*Nivitchanyong, S. (MTEC, Thailand) Zero waste agriculture for jatrophaplantation
 
ジャトロファ総合利用の提案。実と種分離、搾油などの機械の紹介と絞りかすペレット化グリセリンからの1,3-プロパンジオールの生産など。

*Man, T. D. (VAST, Vietnam) Utilization of agricultural and wood waste inVietnam
  エネルギー
供給が十分でない地域もあり、ブリケットの利用やバサという淡水魚のの利用を考えている。
 
総合討論 モデレータ:Matsumura, Y. (Hiroshima U., Japan)
  各国の発表内容を整理し、初日の
パネル討論でトピックとされた地域の多様性適切な技術有効な協力のあり方についての議論を行う。 技術については地域への適用を考える小規模技術と国としてのエネルギー安全保障や地球環境への対策としての大規模技術に分けて議論。
 前者については
直接燃焼、ガス化発電、メタン発酵、家庭用ストーブ、ブリケットなどが挙げられ、後者についてはバイオ燃料が主として議論された。また、バイオマスを利用するシステムとして宮古島の農業残さタイジャトロファの例が紹介された。 今後、ニーズと適切な技術の観点から地域の状況を踏まえて検討を深める必要がある。 国際協力については、初日の議論にあった技術の実証と経験の共有に加えて、適切なデータベースの構築と社会経済学などの分野との協力の必要性も指摘された。

セッション 持続可能なバイオマス利用のために/司会:Shirai, Y. (KyushuInst. Tech., Japan)

*Sawa, I. (Motsubishi Corp., Japan) Asia Biomass Community
 
バイオ燃料を例に挙げて市場の形成、原料と加工までを含めた多面的な協力関係を作り、アジアモデルをつくることを提案。

*Omar, M. N. C. (Bank of Pembanguan Malaysia, Malaysia) Financing forbiomass projects in Malaysia
  
バイオ燃料再生可能エネルギーのためのファンドを銀行でも用意しているという説明。ただし、他のファンドと特に変わることがない。

*Sagisaka, M. (AIST, Japan) Evaluation of environmental impacts of biomassutilization by LCA
  
タイエタノール生産を行い、これを日本に輸出する場合のLCAを、データの誤差を考慮してモンテカルロシミュレーションした結果の紹介。条件によって逆にCO2を排出してしまうこともある。タイではエタノールは廃糖蜜から行っているのに、CO2の排出をサトウキビに課するアロケーションについて疑義のコメントあり。

*Fujita, Y. (JIRCAS, Japan) Improving drought and salt stress tolerance inplants by gene transfer
  
プロモータと遺伝子の適切な組み合わせによって干ばつや塩害強い品種を作る検討。

このセッションでは最後にディスカッションが行われ、
LCAでは認証の仕組みが必要というコメントがあった。また、持続可能なバイオマス利用には必要なこととして、アジアのパートナーシップ、政府の補助、我々自身を信じること、分子技術、をそれぞれの発表者が挙げた。

−−−−−−−−−−−[ポスタ]/yosida−−−−−−−−−−−−−−−−−
タイトル一覧:http://www.biomass-asia-workshop.jp/poster/index.html
36件あります。
1)ASEANのための経済研究project/後藤ら Research Projects on Biomass in ERIA
2)バイオマスアジアprojectチームの紹介/矢野 Introduction of Biomass-Asia Project Team (BAPT)
3)バイオマス研究技術センターの紹介/矢野 Introduction of Biomass Technology Research Center (BTRC)
4)パーム油エネルギーcomplexとCDM/白井ら Palm Oil Energy Complex and CDM
5)宮古島におけるバイオマス変換plantのLCA/亀山ら Life Cycle Inventory Analysis of Biomass Conversion Plants Installed in Miyako Island, Japan

6)LCAに基づく家畜糞尿に対するモデル開発/岩田ら Development of Decision-Making Model for Livestock Manure Utilization Based on Life Cycle Assessment
7)バイオエタノール生産のための酸加水分解による糖の判定/Rafidahら Characterization of Sugar in Biomass Using Acid Hydrolysis for Bioethanol Production 
8)廃棄グリセリンからのバイオ水素とエタノール生産/柳下 Biological Hydrogen and Ethanol Production from waste Glycerol
9)エタノール生産のための微生物によるキャッサバ粕変換/Fungsinら Conversion of Cassava Waste into Sugar using Aspergillus Niger and Trichoderma Reesei for Ethanol Production
10)リグノセルロースモデルを用いたセルローズ水熱処理/松村ら Hydrothermal Treatment of Cellulose Using a Continuous reactor as a Model Compound of Lignocellulose

11)バガスへのリン酸による熱水処理の効果 /野口ら Effects of Hot Compressed Water Treatment with Phosphoric Acid for Enzyme Saccharification of Sugarcane Bagasse
12)バイオエタノール生産用のスイッチグラス水熱・酵素処理/Leeら Hydrothermal and Enzymatic Saccharification of Switchgrass for Bioethanol Production
13)サトウキビの改良と硝酸Nの損失の削減:宮古島における炭化バイオマスの利用/Chenら "A Study on Improving Crop of Sugarcane and Reducing Nitrate Nitrogen Losses- Utilization of Carbonized Biomass in Miyako Island-"
14)西南諸島におけるバイオ・リファイナリー/凌ら Biomass Refinery Systems at South-Western Island, Japan
15)BDF品質管理についてコンサルと技術移転、タイのBDF会社の立ち上げ/Goodwinら Consulting and Technology Transfer Project on Biodiesel Quality Control and Laboratory Set Up for Thai Biodeisel Oil Co., Ltd.

16)BDFのための酸性試験キット/Ukritら Acidity Test Kit for Biodiesel
17)BDF試験キット:密度と粘度/Goodwinら Biodiesel Testkit for Density and Viscosity Testing
18)統合バイオエネルギー充足社会開発project/Ukritら Integrated Bioenergy Sufficiency Community Development Project
19) BDF農場の開発/Baitiangら Development of Biodiesel Farm Trunk
20)BDF代替原料/Thanmongkhonら PFAD: An Alternative Feedstock for Biodiesel Production

21)インドネシアにおけるヤトロファとBDFのplantation/吉田ら Plantation of Jatropha Curcas and its BDF Utilization in Indonesia
22)BDF副産物からのプロパンジオール生産/Pattanasupongら Production of 1, 3-Propanediol from by-product of Biodiesel
23)ポスト油資源としてのFEBポテンシアル/信濃ら Potential of EFB (Empty Fruit Bunch of Elaeis Guineensis) as a Post-petroleum Resource
24)合成ポリマー混合木質バイオマスからの液体燃料生産/安田ら Liquid Fuel Production from Wood biomass Waste Mixed with Synthetic Polymers
25)炭化竹の化学活性化による活性炭/Mahaninら Activated Carbon Prepared from Carbonised Bamboo via Chemical Activation

26)BDF生産におけるFEBからメタノール、水素製造用のガス化plantの評価尺度/中西ら Estimating Scale of a Gasification-Plant Synthesizing Methanol or Hydrogen from FEB for BDF Production
27)木質ガス化とメタノール合成用の2t/日プラント開発/松本ら Development of a 2 ton/day-scale test Plant for Integrated Operation of Woody Biomass Gasification and Methanol Synthesis
28)噴流床ガス化による林・農廃棄物のガス化/小木ら Gasification of Forestry and Agricultural Residues in an Entrained Gasifier
29)バイオ資源熱化学変換によるクリ−ンガス生産研究開発/倉本ら、R&D for Clean Gas Production from Thermochemical Conversion of Biomass Resources
30)Physicナッツ廃棄物からの合成ガス生産/Atongら Syn Gas Production from Physic Nut Waster Using Gasification Technology
30)アジア諸国における水生バイオマスの利用可能性/三島ら Possibility of Aquatic Biomass Utilization in Asian Countries

31)中国東部の木質におけるポプラ植栽利用/戸川ら Utilization of Poplar Plantation for Wood-based Materials in Eastern Area of China
32)Rangsit地方におけるパーム園の酸性土壌/Ukritら Oil Palm Plantation in Acid Soil at Rangsit District
33)タイ農村で使われている油抽出機の開発/Viyanitら Development of Oil Extraction Machine Technology for Being Used in Rural Communities of Thailand
34)ヤトロファ廃棄種の固体燃料圧密機/Chandenduangら Solid Fuel Press Machine for Wasted Jatropha Seeds
35)Bioファイバー複合屋根によるビルの省エネ/Chantrawongphaisaら Energy Conservation in Building with Biofibre Composite Roof

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
閉会挨拶神本(産総研) 400人以上の参加者のあったこのワークショップの内容を振り返る。将来に向けて技術開発と国際協力を進める必要性がある。/matumura

3日目テクニカルツアー
Banting の廃棄物利用プラントとNegeri Sembilan のパーム油工場の見学がありました。 /matumura
ーーーーーーーーーー[今回のワークショップへの所感/松村]ーーーーーーーーーーーーー
 個人的には、今回のワークショップの目的の一つは、どの技術開発、どういう国際協力がアジアにとって有効なのかを確認することでしたが、上述の通り、国、地方によって状況が違うので場合場合について考える必要がある、つまりアジアでひとくくりにすることは必ずしも適切ではない、ということが確認される結果でした。
 その上で、それでも地域の発展を考えた小規模なプロセスと、国のエネルギー安全保障CDMを考えた大規模なプロセスとで分けて議論をすることが有効と考えられます。小規模なプロセスでは、安価で、メンテナンスフリー、そして地域の電力供給や生活水準につながる技術が求められます。一方、後者ではほとんどバイオ燃料関連の技術開発となり、特に第2世代のエタノール、ジャトロファのバイオディーゼル、複合システムがコメントされています。
  国際協力としては、技術の実証、経験の共有が求められています。実際に、バイオマスを導入する上では、地域の関係者が実際に有効であることを理解することの必要性が重要であるためです。
 データベースの構築も何度か指摘され、ニーズが確認されました。
 今後の方向性として、各国のニーズの確認と、適切な技術のあぶり出しが求められると思います。 
 なお、このワークショップのパワーポイントはこれまでと同様にホームページでダウンロードできるように設定される予定です。また、次回の会議は中国で開催されます。/matumura
---以上。


---007-0711終.