日本エネルギー学会 バイオマス部会
ようこそバイオマス部会ホームページへ since 2004.6.2 

エネルギー学会バイオマス部会は、バイオマスに関する幅広い研究者の交流の場を立ち上げることを目的として設立されました。エネルギー学会の会員外でも参加できますが、母体あっての部会です。できればエネルギー学会の方にも参加下さいませ。

バイオマス関連 学会・会議・イベント予報へ アジアバイオマスハンドブック
バナー広告募集中    ↑インドネシア語版を公開(2012.02.02)

お知らせ

第12回バイオマス科学会議
日時:2017年1月18日(水),19(木),テクニカルツアー20(金)

会場: 東京大学・弥生講堂

---------------------------------------------------------
第4回アジアバイオマス科学会議
日時:2016年12月13日(火),14(水)ツアー

会場: マレーシア科学大学 ムラド・オーディトリウム
Auditorium Murad (Ground Level, Block C, sains@usm, Universiti Sains Malaysia No. 10
Persiaran Bukit Jambul, 11900 Bayan Lepas, Penang, Malaysia) (Opposite Equatorial Hotel)

---------------------------------------------------------
平成28年度「バイオマス夏の学校」
日時:2016年8月30日(火),31(水),1泊2日

会場: 栃木県,群馬県内の木質バイオマス関連施設

---------------------------------------------------------
日本エネルギー学会第25回大会(東京)
日時:2016年8月9日(火),10日(水)

会場: 工学院大学

---------------------------------------------------------
第11回バイオマス科学会議
日時:2016年1月20日(水),21(木),テクニカルツアー22(金)

会場: 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)

---------------------------------------------------------
第3回アジアバイオマス科学会議
日時:2016年1月19日(火)

会場: 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)
---------------------------------------------------------
第15回(2015年)バイオマス部会・研究会 合同交流会  終了しました
日時: 2015年11月13日(金)
場所: 東京大学農学部 弥生講堂アネックス


15:00~15:45
「木質バイオマスを原料とした発電事業および水素製造事業の商用技術確立を目指して」
堂脇 直城 氏 ((株)ジャパンブルーエナジー 代表取締役)

15:00~15:45
「食品残渣からのバイオ水素製造法の開発と実証」
岡田 行夫 氏(サッポロビール(株) 価値創造フロンティア研究所)

16:00~16:45
「リグニン分解物から有用なベンゼン誘導体への変換を目指して:新触媒開発」
野崎 京子 氏(東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 教授)

16:45~17:30
「セルロースナノファイバー開発への取組み」
磯貝  明 氏(東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻 教授)

---------------------------------------------------------

平成27年度バイオマス夏の学校(長野県) 終了しました
日時:2015年8月31日(月)~9月1日(火)


第1日目 8月31 日(月)
12:20 中央線
伊那市駅(変更になっています。ご注意下さい)集合,バスで移動
13:00 ~ 上伊那森林組合ペレット工場(伊那市) 品質認証を受けた木質ペレット工場
15:00 ~ 塩尻ソヤノウッドパワー(塩尻市) 地域材を利用する大規模木材加工工場
17:30 長野市内宿泊先着,夕食,自由討論

第2日目 9月1日(火)
8:30 宿泊先 発
9:00 ~ 信州大学工学部(長野市)
講演会 天野良彦教授(演題は学会ホームページでお知らせします)
講演会後,研究室見学
11:00 ~ 資源作物圃場見学(長野市) 天野良彦教授説明による耕作放棄地でのソルガム栽培地
13:30 ~ いいづなお山の発電所(長野市) 小規模木質専焼発電所
15:30 長野駅にて解散 ベンチには県産材53 種類を使用



バイオマス部会長交代に伴い,挨拶を更新しました(東京大学・鮫島正浩)

第24回日本エネルギー学会大会
日時:2015年8月3日(月)~4日(火),テクニカルツアー5日(水)
会場:札幌コンベンションセンター

第10回バイオマス科学会議 終了しました
日時:2015年1月14日(水),15(木),テクニカルツアー16(金)
会場: (独)産業技術総合研究所 つくば中央 共用講堂


第2回アジアバイオマス科学会議 終了しました
日時:2015年1月13日(火)
会場: (独)産業技術総合研究所 つくば中央 共用講堂


新入会員の登録ページを作成しました

第14回(2014年)バイオマス合同交流会
「バイオマスの可能性 〜微細藻類と森林資源の利活用について〜」
 終了しました
日時:2014年10月20日(月)
講演会会場: 同志社大学 今出川キャンパス 寧静館 5F
交流会会場: 同 室町キャンパス 寒梅館7F


平成26年度バイオマス夏の学校(定員40名) 終了しました
好評につき定員に達しました(2014.7.10)
日時:2014年9月1日(月)~2(火)
会場:三重県内の木質バイオマス関連施設

*速水林業の先進的な森林管理,松阪の木材コンビナート,木質バイオマス発電,ボイラー熱の工場→農業カスケード利用,間伐材100%ペレット製造,と多種多様な現場見学と講演を設定いたしました。

バイオマス プロセス ハンドブック 発売中(2012/5刊行)
バイオマスエネルギーの基礎から利用システムまで最新技術を収録!

バイオマスの導入に際して理解しておくべき基礎的な知見の解説から、化学工学的な単位操作やプロセス設計等に関する実務上のノウハウまでを、実例に即して系統的に解説するハンドブックです。
・プロセス設計の初歩を理解できます。
・基礎的な考え方、専門的な理論の両面から記述しています。
・化学工学的なものの見方を系統的に解説しています。
・収支論、平衡論、速度論等についても平易に解説しています。

・著者: 公益社団法人 化学工学会・
一般社団法人 日本エネルギー学会 共編
・定価:12600円(本体12000円+税)
・B5 562頁
・ISBN 978-4-274-21218-5
・発売日:2012/05

アジアバイオマスハンドブックのインドネシア語版が出来上がりました。現在,日本語,英語,タイ語,マレー語があります。

バナー広告を募集中です
  本部会ホームページでは,バナー広告を募集しております。広告料金等は,日本エネルギー学会の
  バナー広告募集に準じます。バイオマス関連の研究者,技術者からの非常に多くのアクセスをいただ
  いているサイトですので,是非ご検討ください。

バイオマスハンドブック 第2版 発売中(2009/12刊行)
『バイオマスハンドブック(2002年9月)』の第2版。
この7年間でバイオマス関連技術が大幅に進展したこと、具体的な取組み事例も蓄積されてきたこと、環境・資源エネルギーをめぐる社会的背景も大きく変貌を遂げたことなどを勘案し、初版の特長を生かしつつ、新たな視点で内容構成を見直し、最新知見を豊富に盛り込んで一冊のハンドブックにまとめた集大成版。

著者:社団法人 日本エネルギー学会 編
定価:12600円(本体12000円+税)
B5 562頁
ISBN 978-4-274-20785-3
発売日:2009/12


好評!「バイオマスハンドブック」
2002.9月発刊、会員割引販売中。詳細は http://www.jie.or.jp/book_bio.htm

     
好評!「バイオマス用語辞典」
2006.1月発刊、会員割引販売中。詳細はhttp://www.jie.or.jp/biomass-cyclopedia.pdf

      
「エネルギー便覧(資源編)」発行(2004.4月)会員特価販売中
「エネルギー便覧(プロセス編)」発行(2005.3月)会員特価販売中


■ 日本エネルギー学会誌の目次は、学会ホームページにて公開されています(無料)。

■ 日本エネルギー学会誌の投稿論文をJ-STAGEから公開(無料)
 日本エネルギー学会誌の投稿論文を科学技術振興機構のJ-STAGEから無料で公開し始めました。第86巻第1号(2007年1月号)以降の投稿論文(総説,論文,技術論文,ノート,資料)の本文pdfをどなたでも無料で閲覧できます。順次最新号まで公開予定。ただし,総説特集等の依頼原稿は公開しておりません。J-STAGE: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jie/-char/ja/


■ 日本エネルギー学会誌日本エネルギー学会大会講演要旨集バイオマス科学会議発表論文集は、国立情報学研究所CiNiiからも公開中。(CiNiiと機関定額制契約済の機関で無料。ただし発行後1年経過)

  Copyright © 2009 日本エネルギー学会バイオマス部会 All rights reserved.