日本エネルギー学会 天然ガス部会科学・反応システム分科会シンポジウム
〜二酸化炭素の再資源化〜

   

主催:

日本エネルギー学会 天然ガス部会 科学・反応システム分科会

共催:

日本エネルギー学会 新エネルギー・水素部会

協賛:

触媒学会,化学工学会エネルギー部会,石油学会,水素エネルギー協会 


 日本の二酸化炭素の排出量は約12 億トン,世界では約340 億トンの二酸化炭素が大気中に毎年放出されています。現在,苫小牧ではCCS の試験が行われておりますが,わが国全体としても地下への貯留可能量は,全日本の排出量の約100 年分に過ぎません。将来,CO2 フリー電力や水素が実用化すれば,これらを利用して炭酸ガスを還元・再資源化することにより,CO2 からCO2 フリーの化石燃料が合成可能と考えられます。そこで本シンポジウムでは,炭酸ガスの分離回収から,還元・再資源化に至るまでのそれぞれの技術についてご講演いただき,その可能性を探って参りたいと考えております。


 
●日時: 2017年10月18日(水) 13:30 〜 17:20
 
●会場: 家電会館 5階講堂(東京都文京区湯島3丁目6番1号,電話03-3832-4291)
※アクセス→http://www.jeass.or.jp/map.html

●定員: 約100名

     開催案内の印刷用(PDF)はこちらをクリックして下さい。

プログラム

司会 静岡大学・武石 薫

13:30−13:40

開会挨拶
 ・日本エネルギー学会 天然ガス部会科学・反応プロセス分科会長 九州大学 斉間 等

13:40―14:30

「二酸化炭素の分離・回収技術開発の動向」
        (公)地球環境産業技術研究機構 余語 克則

14:30―15:20

「還元析出技術を用いたCO2 メタン化触媒の開発」
        (株)東芝 深澤 孝幸

15:20―15:30

休憩  

司会 大分大学 永岡 勝俊
15:30―16:20 CO2 水素化によるメタノール合成触媒の新たな展開
        成蹊大学 多田 昌平,里川 重夫

16:20―17:10

「溶融塩を用いたCO2 の炭素とCO への転換」
        北海道大学 鈴木 亮輔

17:10−17:20

閉会挨拶 
 ・日本エネルギー学会 天然ガス部会長 東京ガス(株) 高世 厚史
  
※参加申込要領
(1)申込締切 2017年10月11日(水)
(2)参加費 会員:     6,000円 (正会員,維持会員賛助会員
シニア会員:  3,000円 (当会シニア会員)
学生:     3,000円 (学生会員および非会員学生)
協賛団体会員: 7,000円 (協賛団体の個人会員,維持会員)

非会員:    8,000円 (非会員)


※参加費には消費税を含みます。
(3)参加申込方法 学会HPより必要事項をオンライン登録して下さい。

参加登録

※登録後直ぐに入力内容の確認メールが返信されますので、ご確認をお願い致します。
オンライン登録が不可の場合は,下記の申込先にご連絡下さい。
(4)申込先 〒101−0021 東京都千代田区外神田 6−16−9
          外神田千代田ビル 4階 
   日本エネルギー学会 「講演会」係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:講演会担当
(5)支払方法 当日の現金支払いも可能です。
振込の場合は10月11日(水)までに下記にお振り込み下さい。
(欠席・解約の場合、参加費は返却できません。予めご了承下さい。)

銀行振込  
 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
 三井住友銀行 上野支店 (普)7469252
[口座名義 一般社団法人 日本エネルギー学会]

*参加証は発行しませんのでご了承下さい。

--------------------------------きりとり--------------------------------

FAX:03-3834-6458

天然ガス部会 科学・反応システム分科会シンポジウム(2017.10.18)参加申込書
(フリガナ)
氏  名
 
所  属
(勤務先/学校)
 
部署名
(学科名)
 
住所
TEL  
FAX  
e-mail  
参加区分  □会員 6,000円    
 □シニア会員・学生 3,000円
 □協賛団体会員 7,000円
   (学会・協会名            )
 □非会員 8,000円  
支払方法  □当日現金 
 □ゆうちょ銀行 □三菱東京UFJ銀行 □三井住友銀行
 (振込予定日-  月  日)
   ※選択部分は該当する項目の□に印をご記入ください。
   ※銀行振込の場合,振込先及び振込予定日をご記入ください。