日本エネルギー学会 新エネルギー・水素部会統合記念シンポジウム
新エネルギーが生み出す水素社会

主催:

日本エネルギー学会 新エネルギー・水素部会

協賛:

日本エネルギー学会 天然ガス部会 科学・反応システム分科会,化学工学会 エネルギー部会,集光型太陽熱技術研究会,水素エネルギー協会,触媒学会 水素の製造と利用のための触媒研究会,石油学会,日本太陽エネルギー学会
 


 太陽熱発電や風力発電,海洋エネルギーといった新エネルギーは,時間変動,地域的偏在性があるという欠点がある。これを平準化する方法として,生成した電力等を水素へ変換し,貯蔵することが考えられている。発生した水素は,燃料電池により電気に再変換する,あるいは,水素として消費地まで運搬し,電気やFCV 燃料はもとより,メタン等の汎用エネルギーに再変換することも可能である。
 新エネルギー・水素部会設立の最初の統合記念シンポジウムとして,再生可能な新エネルギーから二次エネルギーである水素の製造・利用までを一気通貫で議論していく場を創出したい。
 


 

    ※参加募集案内(PDF)は右記をクリック→参加募集案内(PDF版)

●日時: 2017年6月26日(月)13:30 ~ 17:20
 
●会場: 全国家電会館 5階講堂
(文京区湯島3-6-1 TEL:03-3832-4291)
※アクセス→会場地図

●定員: 100名

プログラム


13:30-13:40

(司会:宮崎大学 金子 宏)
開会挨拶
  日本エネルギー学会 新エネルギー・水素部会長 古谷 博秀

13:40-14:30

「太陽熱発電の現状と課題」
  三菱日立パワーシステムズ(株) 四方 哲夫

14:30-15:20

「随時発電する蓄熱発電と風力熱発電」
  (一財)エネルギー総合工学研究所 岡崎 徹

15:20-15:30

休 憩


15:30-16:20

(司会:九州大学 斉間 等)
「家庭用燃料電池の現状と将来」
  東京ガス(株) 矢加部 久孝 

16:20-17:10

「水素インフラの現状と課題」
  日本エアープロダクツ(株) 重清 秀雄
 

17:10-17:20

閉会挨拶
 日本エネルギー学会 旧・新エネルギー部会長 児玉 竜也
 日本エネルギー学会 旧・水素部会長 原田 亮


  
※参加申込要領
(1)申込締切 2017年6月19日(月)
(2)参加費 会員:     6,000円 (正会員,維持会員賛助会員
シニア会員:  3,000円 (当会シニア会員)
学生:     3,000円 (学生会員および非会員学生)
協賛団体会員: 7,000円 (協賛団体の個人会員,維持会員)

非会員:    8,000円 (非会員)


※参加費には消費税を含みます。
(3)参加申込方法 学会HPより必要事項をオンライン登録して下さい。

参加登録

※登録後直ぐに入力内容の確認メールが返信されますので、ご確認をお願い致します。
オンライン登録が不可の場合は,下記の申込先にご連絡下さい。
(4)申込先 〒101-0021 東京都千代田区外神田 6-16-9
          外神田千代田ビル 4階 
   日本エネルギー学会 「講演会」係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:講演会担当
(5)支払方法 当日の現金支払いも可能です。
振込の場合は3日前までに下記にお振り込み下さい。
(欠席・解約の場合、参加費は返却できません。予めご了承下さい。)

銀行振込  
 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
 三井住友銀行 上野支店 (普)7469252
[口座名義 一般社団法人 日本エネルギー学会]

*参加証は発行しませんのでご了承下さい。