日本エネルギー学会 第3回水素エネルギー講演会
エネルギーキャリアの現状と今後の展望

主催:

日本エネルギー学会 水素部会

共催:

応用物理学会 エネルギーシステム研究会会

協賛:

日本エネルギー学会 天然ガス部会 科学・反応システム分科会,化学工学会 エネルギー部会,水素エネルギー協会,触媒学会 水素の製造と利用のための触媒研究会,石油学会
 


 2050 年にCO2 排出量80%減を実現するためには,再生可能エネルギーの大量導入を避けて通ることはできません。こうした中,水素・燃料電池戦略ロードマップの「フェーズ3」では,水素社会実現に向けた対応として,国内外の再エネの活用との組み合わせによるCO2 フリー水素の製造,輸送,貯蔵の本格化も謳われております。
 そこで,これを支える数々のエネルギーキャリア技術の現状を俯瞰し,今後の進むべき道を皆様と共に考えて参りたく,本講演会を企画いたしました。
 奮ってご参加いただけますようご案内申し上げます。
 


 

    ※参加募集案内(PDF)は右記をクリック→参加募集案内(PDF版)

●日時: 2016年12月16日(金)13:30 ~ 17:30
 
●会場: 全国家電会館 5階講堂
(文京区湯島3-6-1 TEL:03-3832-4291)
※アクセス→会場地図

●定員: 100名

プログラム

13:30-13:35  

(司会:九州大学 斉間 等)
開会挨拶
  日本エネルギー学会 元水素部会長 内田 裕久

13:35-14:25

「海外からの液化水素サプライチェーン構築への取組」
  川崎重工(株) 西村 元彦

14:25-15:15

「メタネーション技術に基づく再エネ大量輸送」
  日立造船(株) 熊谷 直和

15:15-15:30

休 憩

15:30-16:20

「SPERA 水素有機ハイドライド法による水素供給事業の現状と将来」
  千代田化工建設(株) 遠藤 英樹 

16:20-17:10

「エネルギーキャリアとしてのアンモニア,その実力と課題」
  昭和電工(株) 栗山 常吉
 

17:10-17:25

総括討議
 応用物理学会 エネルギーシステム研究会 代表 杉山 正和
 日本エネルギー学会 前水素部会長 秋鹿 研一

17:25-17:30

閉会挨拶
  日本エネルギー学会 水素部会長 原田 亮


  
※参加申込要領
(1)申込締切 事前申込みは締め切りました。
当日受付も行います。

(2)参加費 会員:     6,000円 (正会員,維持会員賛助会員
シニア会員: 3,000円 (当会シニア会員)
学生:     3,000円 (学生会員および非会員学生)
協賛団体会員: 6,000円 (協賛団体の個人会員,維持会員)

非会員:    8,000円 (非会員)


※当日支払いの場合は,上記の1,000 円増しの参加費となります。
※参加費には消費税を含みます。
(3)参加申込方法 事前申込みは締め切りました。
当日受付も行います。
(4)申込先 〒101-0021 東京都千代田区外神田 6-16-9
          外神田千代田ビル 4階 
   日本エネルギー学会 「講演会」係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:講演会担当
(5)支払方法 当日の現金支払いも可能です。
振込の場合は3日前までに下記にお振り込み下さい。
(欠席・解約の場合、参加費は返却できません。予めご了承下さい。)

銀行振込  
 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
 三井住友銀行 上野支店 (普)7469252
[口座名義 一般社団法人 日本エネルギー学会]

*参加証は発行しませんのでご了承下さい。