日本エネルギー学会 「エネルギー学」部会 学融合分科会セミナー
「温故知新 〜黎明期における日本の電気事業〜」

主催:

日本エネルギー学会「エネルギー学」部会


 電力の小売全面自由化が始まり,日本のエネルギー供給システムが大きく動こうとしています。日本エネルギー学会「エネルギー学」部会では,今回,「温故知新 〜黎明期における日本の電気事業〜」と題し,明治期から戦前にかけての電気事業の歴史についての講演と電気の史料館の見学を実施します。故きを温ねて新しきを知ることで,今後のエネルギーの方向性を考える上
で皆様の役に立てて頂ける機会になるものと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。


 

    ※参加募集案内(PDF)は右記をクリック→参加募集案内(PDF版)

●日時: 2016年6月23日(木)13:05 〜 15:30
 
●会場: 東京電力ホールディングス株式会社 電気の史料館
(〒230-8510 横浜市鶴見区江ヶ崎町4-1)
アクセスはこちら。


プログラム(予定)

13:05-13:15  

開会挨拶

  東京電力ホールディングス(株) 経営技術戦略研究所副所長兼技術開発部長 日本エネルギー学会理事 蘆立修一
  日本エネルギー学会「エネルギー学」部会長 坂西欣也

13:15-13:50

講演:「電気事業の歴史 〜明治期から戦前の関東地方を中心に〜」

  東京電力ホールディングス(株) 経営技術戦略研究所 研究総括室企画戦略グループ 坂本幸治

13:50-14:00

休 憩

14:00-15:30

史料館見学



  
※参加申込要領
(1)申込締切 締め切りました。
(2)参加費 無料
(3)参加申込方法 締め切りました。
(4)申込先 〒101−0021 東京都千代田区外神田 6−16−9
          外神田千代田ビル 4階 
  (一社)日本エネルギー学会 「講演会」係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:jie-events1921@jie.or.jp