第12回(2012年)バイオマス部会・研究会合同交流会
「日本版FIT制度によりバイオマス利活用がどう変わるか?」

主催:

(公社)化学工学会エネルギー部会バイオマス分科会、(一社)日本エネルギー学会バイオマス部会、(一社)日本木材学会バイオマス変換研究会、(一財)バイオインダストリー協会アルコール・バイオマス研究会、バイオマス利用研究会、木質バイオマス利用研究会


  バイオマス合同交流会は、バイオマス研究に関係する6つの団体が毎年開催している交流会です。様々な研究バックグランドを有するバイオマス研究者の交流を図ることを目的としています。今回は、日本エネルギー学会バイオマス部会が担当となり、準備を進めています。
 今回のテーマとしてFIT制度を取り上げました。東日本大震災、原発事故以降、エネルギー問題・電力問題に大きな関心が集まっているところです。今夏、太陽光発電に加えて、バイオマスを含む再生可能エネルギーによる電力の固定価格買い取り制度(FIT)がいよいよ始まりました。このような大きな状況変化を受けて、バイオマス利活用のあり方を問い直し、きちんと議論する必要があるのではないかと感じています。皆様と一緒にバイオマス利活用の方向性や将来像を考える契機となりますよう、講演会・パネル討論及び交流会を行います。多数の皆様のご参加をお待ちしています。


 

    ※参加募集案内(PDF)は右記をクリック→参加募集案内(PDF版)

●日時: 2012年11月6日(火)13:30 〜 17:00、交流会17:30〜19:30
 
●会場: 全国家電会館 1F
(文京区湯島3-6-1 TEL:03-3832-4291)
※アクセス→http://www.jie.or.jp/kadenkaikan_map.htm

●定員: 100名

●交流会: 講師と共に 17:30〜19:30 同ビル地下1階「華城」(TEL.03-3832-4297)

プログラム(予定)

スケジュール  

開会挨拶
 (総合司会:美濃輪智朗((独)産業技術総合研究所))

1.13:00-14:00

各部会・研究会の1年の活動報告

2.14:00-15:30

講演会(「バイオマス利活用とFIT制度」をテーマに4件
「固定価格買取制度とバイオマスビジネスの活用性について(仮)」
  村上 敬亮(経済産業省資源エネルギー庁新エネルギー対策課 課長)
「山・林業から見たFIT制度」
  山本 幸一((独)森林総合研究所)
「FIT制度によるバイオマス発電事業の課題と展望」
  朝野 賢司((一財)電力中央研究所)
「FIT制度がバイオマス利活用に及ぼす影響」
  泊 みゆき(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク(BIN)
※上記の演題名は仮題です。

3.
15:30-17:00
パネル討論会

17:30-19:30

交流会(中華「華城」、全国家電会館 地下1F)


  
※参加申込要領
(1)申込締切 事前申込みは終了しました。当日受付も致します。
(2)参加費 会員(日本エネルギー学会): 4,000円 
 ※日本エネルギー学会の場合(正会員,維持会員賛助会員
 ※シニア会員:1,000円 (日本エネルギー学会シニア会員)
会員(主催団体会員): 4,000円 
学生:    1,000円 (学生会員および非会員学生)
非会員:   5,000円 (非会員)
交流会費: 4,000円(一律)

※参加費には消費税を含みます。
(3)参加申込方法 事前申込みは終了しました。当日受付も致します。
(4)申込先 〒101−0021 東京都千代田区外神田 6−5−4
          偕楽ビル(外神田)6F 
   日本エネルギー学会 「バイオマス合同交流会」係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:jie-events1921@jie.or.jp
●問合せ先(合同交流会の内容のご質問)
(独)産業技術総合研究所 バイオマスリファイナリー研究センター 美濃輪 (minowa.tom@aist.go.jp)
(5)支払方法 当日の現金支払いも可能です。
振込の場合は3日前までに下記にお振り込み下さい。
(欠席・解約の場合、参加費は返却できません。予めご了承下さい。)

銀行振込  
 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
 三井住友銀行 上野支店 (普)7469252
[口座名義 一般社団法人 日本エネルギー学会]

*参加証は発行しませんのでご了承下さい。