日本エネルギー学会 天然ガス部会資源分科会シンポジウム
「東日本震災後における電力供給を担うもの」
〜 LNG 安定調達に向けた開発プロジェクトの数々〜

主催:

日本エネルギー学会天然ガス部会資源分科会

協賛:
(予定)

エネルギー・資源学会、化学工学会、自動車技術会、触媒学会、石油学会、
石油技術協会、天然ガス鉱業会、日本化学会、日本ガス協会、日本機械学会、日本工学会、日本自動車工業会、日本鉄鋼協会、日本油化学会

 


 3月11日の東日本大震災,及び福島第1原子力発電所の事故等により,発電量が大きく落ち込み,大幅な電力不足が懸念されています。原子力発電の早急な復旧が今後とも見込めないとすると,当面は火力発電に拠る電力回復が避けられません。今後の電力需要に対応して,震災によって失われた発電能力をカバーしなければなりませんが,その発電増分の多くは石油およびLNG火力発電の増加に依存することとなります。そして,その中でも特にLNG火力発電の果たす役割は発電能力の大きさや,経済性,環境性の観点からも非常に大きいと考えられます。
 このような状況の中,日本エネルギー学会天然ガス部会資源分科会では,今後の日本の天然ガス・LNGの安定調達を考える機会となるシンポジウムを企画致しました。天然ガス調達の現状を踏まえた上で,様々な手段による天然ガス調達の現状についてご紹介します。今後の方向性を考える上で皆様の役に立てて頂ける機会になるものと思います。多数の皆様のご参加をお待ちしております。  


 

    ※参加募集案内(PDF)は右記をクリック→参加募集案内(PDF版)

●日時: 2011年10月4日(火)13:30 〜 17:30
 
●会場: 全国家電会館 5F
(文京区湯島3-6-1 TEL:03-3832-4291)
※アクセス→http://www.jie.or.jp/kadenkaikan_map.htm

●定員: 120名

●技術懇談会: 講師と共に 17:30〜(19:30) 同ビル地下1階「華城」(TEL.03-3832-4297)

プログラム(予定)

13:30-13:35  

開会挨拶
  島田 荘平 (天然ガス部会 資源分科会長)

1.13:35-14:35

原子力発電代替としての天然ガス
  石井 彰  ((独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)) 

2.14:35-15:25

アバディLNG プロジェクト ―エネルギー供給の明るい未来
  太田 博久 (国際石油開発帝石(株))

15:25-15:40

休 憩

3.
15:40-16:30
CBM をLNG へ。世界初CBM -LNG プロジェクト始動
  瀬能  修 (石油資源開発(株)) 


4.16:30-17:20

カナダのシェールガス事業について
  羽場 広樹 (三菱商事(株))
 

17:20

閉会挨拶
  長谷 耕志 (天然ガス部会長)



  
※参加申込要領
(1)申込締切 事前申込みは終了しました。
当日受付も可能ですので、会場でお待ちしております。
(2)参加費 会員:    6,000円 (正会員,維持会員賛助会員
シニア会員:3,000円 (当会シニア会員)
学生:    3,000円 (学生会員および非会員学生)
協賛団体会員: 7,000円 (協賛団体の個人会員,維持会員)

非会員:    8,000円 (非会員)

技術懇談会費: 3,000円(一律)

※参加費には消費税を含みます。
(3)参加申込方法 事前申込みは終了しました。当日受付も可能です。
(4)申込先 〒101−0021 東京都千代田区外神田 6−5−4
          偕楽ビル(外神田)6F 
   日本エネルギー学会 天然ガス部会シンポジウム係
   TEL:03-3834-6456,  FAX:03-3834-6458
   
e-mail:jie-events1921@jie.or.jp
(5)支払方法 当日の現金支払いも可能です。
振込の場合は前日までに下記にお振り込み下さい。
(欠席・解約の場合、参加費は返却できません。予めご了承下さい。)

銀行振込  
 ゆうちょ銀行 振替口座 00170-9-55504
 三菱東京UFJ銀行 神田駅前支店 (普)1772623
 三井住友銀行 上野支店 (普)7469252
[口座名義 一般社団法人 日本エネルギー学会]

*参加証は発行しませんのでご了承下さい。